直接依頼する

普通の木造住宅に住んでいるのであれば、10年に1度は外壁塗装をする必要があります。一見しただけではあまり塗装の劣化が進んでいないように見える場合もありますが、外壁の性能は確実に低下していますので、快適な生活を維持し続けることが難しくなってきます。一番大きな問題になるのは、防水性能の低下による雨水の侵入です。建物の内部に雨水が入り込んでしまうようになると、家の構造部分が大きなダメージを受けてしまいます。また、断熱性能や遮音性能も低下しますので、適切な時期の外壁塗装は欠かすことができません。家を建ててくれたハウスメーカーに外壁塗装を依頼することもできますが、ハウスメーカーの下請け業者が実際の作業を行うことになりますので、塗装業者に直接頼んでしまうようにした方が有利です。余計なマージンが発生しませんので、費用を安くあげることができます。

先ほども述べた通り、概ね10年おきに外壁塗装が必要になると考えておくのが無難ですが、使用している塗料の種類によって、塗装の持ちが変わってきます。安い塗料を使用している場合ですと、5〜6年しか塗装を持たせることができませんので、もっと早い時期に外壁塗装が必要になります。反対に、値段が高い塗料を使用している場合には、15〜20年程度塗装を持たせることができます。10年というのは、標準的なグレードの塗料が使用されている場合の外壁塗装時期の目安です。ただし、海の近くなど、過酷な環境に家が建っている場合には、塗料の耐久年数が変わってきます。たとえば、家の外壁を手で触れてみた際に、手のひらに粉がつくような状態になっている場合には、10年経っていなかったとしても、業者に相談してみる方がよいです。外壁の表面が粉を吹いているような場合には、なるべく早く外壁塗装をするのが望ましいです。